ゆいま~る福ブログ

ゆいま~る福の節分まつり!


2月3日(日)ゆいま~る福節分まつりを開催しました。

まずは12:00からゆいま~る食堂で、恵方巻きをいただきます。今年の恵方は東北東です、恵方を向いて、願い事をして、恵方巻きをがぶっ!そのまま黙って食べる…のですが、お話しながら楽しくいただきました。

節分に巻き寿司を丸かぶりするのは、近年始まったことと思っていたのですが、ゆいま~る福のある西淀川区のお隣、此花区にある伝法の申村(さるむら)という場所が発祥の地という説を聞きました。猿が恵方巻きを食べている銅像も作られるとのこと、居住者もスタッフもびっくりしました。銅像が出来たら見に行きたく思います。

「恵方巻き1本は量が多いかも…」と言っていましたが、ほとんどの方が1本完食です!皆さんの願いが叶いますように。

恵方巻きの後は豆まきです。「鬼がきた〜」の声で、「鬼は外!」と豆を投げます。「ここは福町、福の町だから、鬼はいないけどね」と居住者からの優しい言葉もありましたが、やってきた鬼に豆をぶつけて、無事に退治しました。最後は食堂に「福は内!」として終了です。年齢に1つ足した数の豆を食べました。

夕方6時からは、福住吉神社での節分祭に、近隣にお住まいの方も一緒に参加しました。宮司さんから大祓詞(おおはらへのことば)をいただき、式の途中で行う掛け声の説明を受けました。「おー!」という元気な掛け声を楽しみ、太鼓の音を聞き少し背筋が伸び、日本の伝統文化に浸りました。

次に神事としての吹き矢の披露がありました。宮司さんと一緒に、いつもいろいろとお世話になっている半田さんも、正装して矢を吹かれました。お二人とも、いつもに増して素敵です。居住者も「的まで届かないかも」と心配の声もありましたが、要らぬ心配!月に2回練習している成果もあり、生憎の小雨が降る中でもしっかり的に矢が刺さり、皆さんかっこよかったです。「いつもの運動としてするのと違う、少し神聖な気持ち!」と楽しく吹いていました。

それから豆まきをしました。「鬼は外」を2回、「福は内」を1回、元気に撒きました。

最後に、スタッフが代表として玉串の奉納をさせていただきました。宮司さんから「感謝と祈念の気持ちで」とお教えいただき、緊張しましたが無事に終了。厄を祓い穢れも落とすことができ、清々しい気持ちになりました。「いつもこのような気持ちでいることは難しくても、時々思い出したら良いですよ」とのありがたいお言葉をいただきました。居住者と一緒に、健康に楽しく過ごしていけそうです。

宮司さん、半田さん、近隣にお住まいの方、楽しい時間をありがとうございました。参加した居住者の皆さん、それからゆいま~る福に来た鬼さん、お疲れさまでした。

Copyright © Community Net Inc.

TOP
ゆいま~るシリーズ
お問い合わせ