お知らせ

毎日新聞・大船渡の仮設商店街「えんがわ」3・11から1年7ケ月


昨年3月11日の東日本大震災による大津波により大きな被害を受けた岩手県大船渡市。

市内では340人がなくなり、81人の行方がいまだ分からないそうです。

大船渡は弊社社長の高橋英與が子ども時代を過ごした街。そして、今も、母と妹が暮らしています。

駅の近くにある仮設商店街「大船渡屋台村」で、母の高橋コウさんと妹の恵美さんが家庭料理の店「縁側」を開いています。苦境のなかにありながら、支えあい、笑いあいながら前向きに生きる様子が「毎日新聞」に取り上げられました。ぜひご覧ください。

上記記事ページを大きく見たいかたは こちらをクリック

上記記事ページを大きく見たい方は こちらをクリック

最新記事

2018年06月21日

小冊子『私たちが高齢者住宅を選んだ理由 「施設」ではなく「暮らし」を求めて』出来上がりました!!

2018年05月22日

<追加報告>5月17日(木)夕刻の大曽根併存住宅での火災について

2018年05月17日

5月17日(木)夕刻の大曽根併存住宅での火災について

Copyright © Community Net Inc.

TOP
ゆいま~るシリーズ
お問い合わせ