ゆいま~る大曽根 暮らす人びとの声

不満なく、適当にやっています


榎戸通博さん(75歳) 2017年10月入居

 

自宅で二回倒れて…

6年前に妻を亡くしました。私は健康だったのでそのまま自宅で暮らしていましたが、一昨年10月に倒れ心臓の手術をしました。退院してよくなってきたらもう一度倒れまして、今度は腎臓が悪いので透析をやらなければならないと言われました。薬が良く効いてその必要はなくなりましたけれども、二回目に倒れた時はものすごく苦しくて、当時東区のマンションに居たのですが、たまたま仲良くしていた人がいたのでメールを入れて救急車を呼んでもらいました。あとで、1時間遅かったらだめだったと言われて、命の恩人だと今でも感謝しています。一人だとこういう時大変だなと実感して、自分で高齢者向け住宅を探そうと思いました。
子どもは3人いまして、「来ていいよ」と言ってくれたので、退院した時だけ「それならお世話になるね」と言って、一週間ほど子どものマンションに行きました。しかし、孫も大きくなれば関係も変わるし、向こうには向こうの生活があります。食生活も違うし、風呂の順番だとか、「あとから入っていったものは一緒には暮らせん」「一人でいたほうがよほど気楽だ」とわかりました。それで、長男の嫁さんに高齢者住宅を探すのだけ手伝ってもらいました。

枠にはめられた生活は嫌!

あちこち行ってみたのですが、ホームに入るとだいたい縛られるところばかり。何時に起きて、何時に食事して、体操は何時で……と自由な時間がほとんどない。勝手に外出もできない。自分が調べたところはみんなそんな感じでした。枠にはめられた生活になってしまうのです。
私は、まだ車にも乗りたいし、遊びにも行きたい。たまたまマージャン仲間に高齢者集宅関係の仕事をしている人がいて、「ゆいま~る大曽根」のパンフレットを渡されたのです。これなら自分にぴったりだと思って、早速フロントを訪ねました。モデルルームを見せてもらって、話を聞いて、すぐに予約しました。ところが、売れないだろうと思っていた東区の自宅マンションがわりとすんなり売れたので、大曽根オープン前の8月に引き渡さないといけなくなってしまった。それで、ここの隣のURに4ヶ月くらい入っていたのです。オープンを待って、いの一番に引っ越してきました(笑)。

自分なりの部屋作りを目指す

ここに住んで、三ヶ月になります。部屋は、前は4LDKだったので狭くなりましたが、逆に広すぎて掃除する気にもならなかった。今は、キッチンとLDKと寝室で十分。そういう面では気楽になりました。古いので隙間風が入ることもありますが、フルリフォームされて新品になっているし、不満なく適当にやっています。洗面から風呂からすべて新品なので、気持ちよく過ごさせてもらっています。
だいぶ慣れてきて、あとは部屋を自分の理想に作りたいけれど、体調のこともあるのでゆっくりやっています。病院の先生と相談しながら、マージャンもできるようになり、ゴルフもOKが出たので1回行きました。春からまたやりたいので、準備をしているところです。

(2017/12/19)

最新記事

2018年05月09日

お宅にお邪魔して、暮らしを写真で紹介させていただきました<男性おひとりさま>

Copyright © Community Net Inc.

TOP
ゆいま~るシリーズ
お問い合わせ