ゆいま~る大曽根 暮らす人びとの声

別の高齢者住宅から住み替えました!!


ゆいま~る大曽根では、他の高齢者住宅から移り住んできた方もいらっしゃいます。その中のおひとり(70歳代、女性)にお話をうかがいました。

高齢者住宅のパンフがダンボール2箱分集めるほど調べたが60歳代では動けず・・・

主人が亡くなって数十年。入居を検討したのは十年くらい前です。考え始めたきっかけは、ひとりになって、心細さ、不安を感じたためです。万一、自分が要介護になった場合に備えて、リサーチを始めました。いろいろな高齢者住宅の見学会に出向いたり、資料を取り寄せたりしました。
よいところが見つかって、友人も入居していたので決めようと思ったのですが、その時は60代で、友人も「そんなに急がなくていいんじゃない?」と。結局その時は入りませんでした。それからも、多くの高齢者住宅を見学して、パンフレットでダンボール箱2つになったほどです。

部屋が狭く、要介護の方が多く・・・

その後、今から3年ほど前に駅から徒歩数分の高齢者住宅を契約しました。はじめは、自宅のある春日井市内で探していたのですが、親戚から「地下鉄の駅だとどこにでも出やすく便利でいいのではないか」と言われ、市内に限らず地下鉄沿線で探したところです。駅からすぐ近くで、自立でも入居できるところでした。もちろん、要介護5になっても大丈夫。安心できる高齢者住宅です。
ところが、入居してみると、部屋はとても狭く、「自立の方もOK」とはなっているものの、杖をついた高齢者や要介護状態の方ばかり。まだ元気な私が住むには十年早いと感じました。

広いお部屋で自由度100パーセント!!

そんな時、新聞広告とテレビでゆいま~る大曽根を知り、見学に行き、住み替えを決意。部屋の広さ、いざという時の安心はもちろんですが、月額家賃に魅力を感じました。数千万円の高齢者住宅に入居して、もしも合わなければ大変です。正直、ゆいま~る大曽根は気軽に決められました。
ここは、自由度100パーセント。何時に出かけてもいいし、門限もありません。束縛されない、これまでと変わらない暮らしができます。これまで仕事をして忙しくしてきましたが、広々した自宅でゆったり過ごしています。ほかのゆいま~る大曽根の居住者の方たちと趣味の会を立ち上げました。活動的に自分らしく生活しつつ、スタッフにちょっとしたことなど気にかけてもらえるので安心です。(70歳代・女性)

↓広々とした50㎡近い室内。写真はモデルルーム。

 

最新記事

2018年05月09日

お宅にお邪魔して、暮らしを写真で紹介させていただきました<男性おひとりさま>

Copyright © Community Net Inc.

TOP
ゆいま~るシリーズ
お問い合わせ