ゆいま~る聖ヶ丘ブログ

防災を考える会


ゆいま~る聖ヶ丘では、消防署からの要請で年に2回の防災訓練を行っていますが、

それ以外にも、「防災を考える会」という入居者の方々が自ら防災について考え

る会があります。

先日開かれた「防災を考る会」は第8回を迎え、一般居室の入居者10名の方が参加しました。

まず、大災害があった時に備えての防災備蓄品の収納棚を見学しました。

グループハウスの廊下に棚がありますが、中を見るのは皆さん初めてです。

水と食料が一応3日分はあることを確認して、安心したり、

自分たちでも準備が必要と考えたり・・・・。

次にA~C棟の屋根に設置しているソーラー発電の電気の流れを、

外の配電盤で確認しました。

ソーラー発電は、普段は1日分をまとめて売電していますが、配電盤の操作で

ソーラー発電の電気を使って、携帯電話に充電するデモンストレーションを行い

ました。

長い巻きのコードで多目的室まで電気を引き、多口コンセントに繋ぎます。

さあ、携帯電話に充電できるでしょうか。

ハイ、本当に充電ができました!

太陽の力はすごい!と皆さんから驚きの声が。

防災備蓄棚にある「サバイバルシート」を羽おる体験もしました。

「本当に温かいわ!」とKさん。

「この半サイズの物をいつもバッグに持っています」

さすがは元山ガールのHさん!

多目的室に置いている手回し発電のランタンを、

皆さんグルグル、グルグル・・・

見事に点灯!その光にうっとり。

電気が点かない時は、これがあれば安心ですね。

温かいものが飲めるように、カセットコンロでお湯を沸かそう、

α米を食べたい、個人でも備蓄をしよう、寝ている環境を安全に、

何かあったらできるだけ協力したい・・・などなど、積極的な意見が

ぞくぞくと出てきました。

最後に、次回は全部、体験会にしましょう!ということでお開きになりました。

とても楽しく、ためになる「防災を考える会」でした。

Copyright © Community Net Inc.

TOP
ゆいま~るシリーズ
お問い合わせ