ゆいま~る聖ヶ丘ブログ

ゆいま~る聖ヶ丘の自助・共助  


3月末に、ゆいま~る聖ヶ丘有志による

「第9回防災を考える会」が開催されました。

万が一巨大地震や、台風などによる大災害が起きた時、

ゆいま~る聖ヶ丘ではどのような事が出来るのかを

入居者の皆さんが自ら考える会です。

昨年は、屋上に設置してある太陽光ソーラー発電の電気を

携帯電話に充電するというデモンストレーションを行いましたが、

次回は是非、自分たちでカセットコンロでお湯を沸かしたり、

備蓄のアルファ米を炊いてみたり

という動きをやってみましょうという声が挙がり、

今回、防災備蓄用のペットボトルの備蓄水を使って

アルファ米を実際に炊いてみることにしました。

まず、カセットコンロにガスボンベをセットするところから始めました。

これが中々難しい・・・。

備蓄水を注いだやかんをかけ、カセットコンロを点火。

アルファ米1箱12袋の中から、4袋を選んで炊いてみることになりました。

「どれがいいかしら」皆さんの表情は真剣です。

「これで決まり」とご意見番のKさんが選んだものは・・・

松茸ご飯・山菜おこわ・えびピラフ・お赤飯。

袋を開け、まず保存剤を抜くのを忘れないように!

沸騰したやかんのお湯を袋の内側の線まで注ぎ、よく混ぜる。

山菜おこわ・エビピラフは15分、お赤飯は20分。

お水から作る松茸ご飯はなんと60分掛かります。

15分経ち、山菜おこわとエビピラフをオープンすると

こんな感じに出来上がっていました!

出来たものを、またよく混ぜて、

配膳係をかって出たSさんが、皆さんに一口づつ小分けにすると・・・

皆さん、まず匂いをかぎ、出来上がった物をよ~く見て、

神妙な顔での試食となりました。

5分遅れでできたお赤飯はしっかり小豆の味がすると中々の評価。

60分掛かって出来た松茸ごはんは、水で戻したと思えないくらい、

松茸の香りがして美味しいと、良い評価。

「ちょっと固いけど、非常時にこんな物が食べられるなんて、贅沢」

「味が濃いので、水分も必要」

「蒸らす時間は長めの方が良い」

「何かあってもこんな感じでみんなで協力して出来ると安心」

などの感想や意見が出て、

ゆいま~る聖ヶ丘の皆さんの自助力・共助力をお互いに確認でき、

とても有意義な「防災を考える会」となりました。

Copyright © Community Net Inc.

TOP
ゆいま~るシリーズ
お問い合わせ