名古屋

離れて暮らす親が気がかりな方は、ぜひお越しください


「親子近住」や「親子近居」という言葉をしばしば聞くようになりました。高齢になってきた親と同居するのではなく、子世帯の家の近くで、親が独立した生活を送る形態です。あるいは子世帯ではなく、兄弟姉妹や、友人の近くに「近居」するケースも増えています。

人生100年時代と言われる昨今、親が離れた場所で暮らし、将来どうなるのかと気がかりになっている方は少なくありません。心配の種は尽きません。ひとり暮らしの親の体調が崩れたときどうするのか、高齢者向けの住居に移らざるを得ない状況になったときに、空家になってしまう実家をどうするか等々。

こうした不安を解消するひとつの方法が「親子近住」や「親子近居」という暮らし方です。そのメリットは、
・独立した生活なので、それぞれの暮らしに干渉しない関係でいることが可能。同居すると、子供やその連れ合いだけでなく、親にとってもストレスになることは避けられないことです。
・緊急な場合はすぐに駆けつけることができる。たとえば親が体調を崩したような場合ですね。しかも逆に、親に助けてもらうこともあるでしょう。

弊社が運営する高齢者住宅「ゆいま~るシリーズ」では以前から近居のパターンで入居される方が多いのですが、特に「ゆいま~る神南」「ゆいま~る大曽根」では近居の率が高まっています。近隣に子育て中の若い世帯が多く、遠くで暮らす親が心配という方が多いのが一因ですが、名古屋市のほかの区に暮らす子世代が、関東や関西でひとり暮らしをしている親を呼び寄せる例も、「ゆいま~る神南」や「ゆいま~る大曽根」では珍しくありません。

ゆいま~る神南」と「ゆいま~る大曽根」は、いずれも集合住宅に点在する空室をバリアフリーにリニューアルし、高齢者向けの住宅(サービス付き高齢者向け住宅)としたのものです。フロントにいるスタッフが高齢者向けに安心のサービス(毎日の安否確認や、生活相談)を提供しますが、外出するときにはフロントの前を通らなければならない普通の高齢者施設と違って、一般的なマンション・アパートにいるのと同じ自由な生活を送れます。こうした住宅が、まだ元気だけれども実家にひとり暮らしする親が気がかりな娘や息子に支持されています。

親の暮らしが気がかりな方は、ぜひ「ゆいま~る神南」や「ゆいま~る大曽根」を見学してみてください。その前に、金山駅から徒歩3分の「ゆいま~るステーション名古屋」にお越しいただければ、事例を含めてお話しすることも可能です。

以下は参考資料です。
・「近居」の実例を長年見てきた、弊社(株)コミュニティネットの玉井美子運営部担当取締役が、近居の様々な様子やメリット/デメリットを語りました。
→→ こちらへ

・なぜ、「ゆいま~る神南」がある木場町で特に近居が多いのか、分析してみました。
→→ こちらへ

ゆいま~る神南」の周辺の方々に配布しています。
分散型サ高住の入居者がのびのび暮らす様子をぜひご一読ください。

最新記事

2020年01月21日

2020年1月2月のイベント

2020年01月20日

2月24日(月・祝日)、バスで巡る「ゆいま~る神南」「ゆいま~る大曽根」見学会

2020年01月19日

2月1日(土)ゆいま~るフォーラム@名古屋都市センター:「人生100年、身軽になろう! 身軽になるには“お片づけ”から」

Copyright © Community Net Inc.

TOP
ゆいま~るシリーズ
お問い合わせ