ゆいま~る聖ヶ丘ブログ

日々、感染症予防に努めています。


新型コロナウイルスのニュースが日本を駆け巡ったのは、今年の春先のこと

でした。

早いもので季節は巡り、もう秋の気配が近づいています。

コロナの収束が見えない中、これからはインフルエンザも心配されるので、

ゆいま~る聖ヶ丘のスタッフは日々感染症予防に努めています。

今回はそのあたりをほんの少しだけご紹介したいと思います。

――――――――

スタッフによる感染症予防対策(1日の流れ)

  • スタッフは自宅で検温し、平熱を確認してから出社します。
  • 日勤帯のスタッフは、出勤後すぐに消毒液を持って、エレベーターのボタンなど、手で触る箇所を消毒して回ります。

  • 日中はこまめに手洗いしています。手肌の荒れが気になるところですが、

居住者の皆さんをお守りする為なら少々のガサつきなど、気にしません!

居住者を訪問する時は、手指をアルコール消毒してからうかがいます。

  • スタッフが使用する電話機や、来客用カウンターなどもこまめに消毒しています。

ゆいま~る聖ヶ丘にはお客様も沢山おみえになります。ご家族やご友人の方・業者の皆さま・訪問介護ヘルパーの皆さま・医療従事者の皆さま、ご見学の方々など、皆さまにも入館前にフロントで検温をお願いしています。

  • ご見学の場合は、ご使用いただくスリッパやボールペンなど、都度消毒して

います。

  • 人の出入りが落ち着く夕方ごろ、再度スタッフが館内外の消毒作業を行い

ます。
てすり・共有箇所のドアノブ・エレベーターボタン・宅配BOXのタッチ

パネル・自動ドアのボタン・他、手が触れる箇所など、丁寧に消毒しながら

回ります。

このように、スタッフは一日を通し消毒をしていますので、ご安心いただければと思います。

——————

少し余談になりますが、今の時期、外の非常階段の手すりを消毒する時、晴れていれば空一杯にウロコ雲を見ることが出来ます。
(外階段からの景色)

一瞬、消毒液を持つ手を休め、空を見上げ、その美しさに癒されたりしています。

 

——————

今の時期は空気もさわやかで、消毒作業をしていても気持ちがいいのですが、

夏の暑い時期はちょっと大変なこともありました。

夏は外階段に蝉がいることが多いのですが、ちょっとでも刺激を与えると、

ヴィーー!ヴィヴィーーーー!!!と、すごい勢いで向かってきたりして、
虫が苦手なスタッフにとって、それはちょっとした苦行(笑)でありました。

蝉って、ひっくり返って動かなくても生きているのです。そんな状態の蝉を

「せみ爆弾」というらしいです。まさに爆弾!爆弾です!

スタッフによる消毒作業をお伝えしようと思いつつ、話が横道にそれてしまいましたが、これもご愛嬌ということで。

——————
これからも、ゆいま~る聖ヶ丘スタッフ一同、消毒作業を徹底し、感染症予防に努めてまいります。

最新記事

2020年11月29日

「グリーンクラブ」として新たに活動スタート!

2020年11月29日

ゆいま~る聖ヶ丘食堂 11月29日(日)~12月5日(土)献立表

2020年11月18日

ゆいま~るカフェ「だんだん」のお知らせ~12月号~

Copyright © Community Net Inc.

TOP
ゆいま~るシリーズ
お問い合わせ