ゆいま~る那須ブログ

身近にあるもので楽しむ手仕事


那須はここ数日涼しい日が続いています。
居住者のOさんが、庭先でつる編みをされていたので、見学させていただきました。

つるは青いうちから編みます

籠の素材は、ゆいま~る那須のまわりにあるもので作られているそうです。今日編んでいた籠は、イモのつるで作られていました。「籠を編む」この時間が何よりも至福の時だそうです。

軒先に吊るされていた出来たばかりの籠(乾燥中?)

Oさんがつる編みをはじめられたのは30年前。
ゆいま~る那須に来られる前は、つるを山に採りに行かれたり、自宅の庭にアケビを植えたりされていたそうです。しかしゆいま~る那須に引っ越しをしてからは、自然が周りにあるのでご夫妻でつるを採りに行かれています。

籠は、小さなものから大きなものまでたくさんあります。

様々な形があり、どれも唯一無二の籠です

今は「大日向マルシェ」で販売されています。籠は一つひとつ自分の子どものような存在で、マルシェでお客さんが籠にどんなものを入れるか、ご自身のイメージを膨らませながら選ばれる姿が何よりも嬉しいそうです。

使う人によって色々な表情を見せてくれます。午前中編んでいた籠が出来上がってました!(右側)

 

 

 

 

Copyright © Community Net Inc.

TOP
ゆいま~るシリーズ
お問い合わせ