お知らせ

ゆいま~る福が「第31回大阪市ハウジングデザイン賞」を受賞


ゆいま~る福が、「第31回大阪市ハウジングデザイン賞」を受賞することが決まりました(大阪市が2017年12月15日発表)。「ゆったりとした住戸、地域や団地内の中庭とつながる共用空間が、入居者の参加を経て計画され、地域に溶け込んだ居心地の良い空間が創り出されている」と評価されました。2018年2月10日の「第5回大阪市ハウジングデザインシンポジウム」において、表彰式が行われます。

この大阪市ハウジングデザイン賞は、魅力ある良質な都市型集合住宅の供給、既存ストックの有効活用や、良好な維持管理を行う住宅の普及を促進することを目的しています。今回は234通の応募が寄せられ、対象住宅89件に対して第31回大阪市ハウジングデザイン賞選考有識者会議の書類審査と現地審査を経て、ゆいま~る福と並ぶ大阪ハウジングデザイン賞に生野区の「巽NAGAYA」、また大阪市ハウジングデザイン賞特別賞に淀川区の「K-SOHO」の合計3住宅が選ばれました。

ゆいま~る福の設計を担当していただいたのは株式会社VANS。同社の木村よしひろ社長は開設準備段階から「ゆいま~る福をつくる会」に参加し、入居予定者の皆さんの要望をていねいに聞きながら、いっしょに「福」をつくりあげてきました(2016年11月1日、ゆいま~る福の開設記念式典でいただいた木村さんのご挨拶の概要はこちら)。

最新記事

2019年09月04日

「ゆいま~る通信」分散型サ高住編1号を発行しました。PDFはここから

2019年08月20日

『同居はしない、ほどよい距離を保つ親子/兄弟姉妹/友人との近居』、 「ゆいま~る」での事例を長年見てきた玉井美子運営部担当取締役が「近居」のメリットを語ります

2019年08月20日

アクティブシニアが向かう令和時代のライフスタイル、 子ども家族の近くに自分だけの暮らしを確保 << 自由な暮らしと老後の安心を確保しつつ、“個人間の適正距離”を保つ>>

Copyright © Community Net Inc.

TOP
ゆいま~るシリーズ
お問い合わせ