ゆいま~る聖ヶ丘ブログ

<10月の認知症カフェ「だんだん」のご報告>


開催日:10月20日(土)10:30~12:00

今月から、コーヒー・紅茶の他にゆいま~る食堂が作った「手作りお菓子」を

ご用意いたしました。

3種類のクッキーを一人分ずつ小皿に分けて準備させていただきました。

ビニール手袋をつけて、衛生面にも配慮を怠りません。

10時過ぎから参加者が集まり始め、いつも通り10時30分から

スタートしました。初めて参加された方々も交え、とても和やかな雰囲気。

認知症に興味がある方、介護されている方、どなたでも参加できるのが

認知症カフェ「だんだん」です。

今回の講演テーマは「住環境を整える工夫を考える」

講師は内田優子さん。

内田さんは、ゆいま~る多摩平の森の生活コーディネーターで、

認知症ケア専門士の資格も持っています。

日々勉強し積み重ねている知識を、コーディネーターとしての現場目線も交え

わかりやすく説明してくれました。

講師もリラックスし椅子にすわりながらの説明となりました。

講演は配布された資料を見ながら進みました。

高齢者にとっての「住環境」とは、社会的環境・家族の意識・

周囲の人々の態度・物理的環境・設備・空間など、広い範囲をさすそうです。

例えば、電話機の点滅するボタンが気になって眠れないというのも

「整えるべき住環境」の一つとのこと。

点滅するボタンに紙を貼るなど工夫する必要があるそうです。

 

これ以外にも多くの事例を聞くことができました。

最後に質疑応答もあり、今回も盛会となりました。

手作りクッキーとコーヒーや紅茶のお味も好評でした。

来月はどんなお菓子となるでしょうか?

どなたでもご参加いただけるカフェですので、遠慮なく皆様いらしてください。

内田さん、ボランティアの皆さん、そして

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

Copyright © Community Net Inc.

TOP
ゆいま~るシリーズ
お問い合わせ