ゆいま~る那須ブログ

ネイチャーガイド宮地さんと行くネイチャーツアー2019年第2弾


紅葉の塩原から会津に出て、奇岩で有名な「塔のへつり」へ、そして萱葺きの家々が立ち並ぶ大内宿を訪れました。

紅葉は水辺で見るのが一番美しいといわれます。今年は紅葉が遅れていました。11月中旬の塩原渓谷は水に映える美しい紅葉が見られるのではないか、と期待を膨らませて、今回はゆいま~る那須を朝8時に出発し、塩原から会津に出て、奇岩で有名な塔のへつり、そして萱葺きの家々が立ち並ぶ大内宿を訪れました。

ほぼ貸し切りバスで移動しましたが、1時間ほどの歩きもありました。

板状節理について、お話あり。「ブラタモリで絶対来るよね」との声が聞こえました。

 

  竜化の滝への道

 

  塔のへつりへの道すがらの紅葉

 

大内宿全景。

15名の方が参加され、17時、無事にゆいま~る那須に到着しました。

Copyright © Community Net Inc.

TOP
ゆいま~るシリーズ
お問い合わせ