ゆいま~る伊川谷ブログ

神秘の花


「今年で最期よと言い聞かせて育てたら、たくさん蕾を付けてくれた。」と、
月下美人を育てている居住者からお知らせ頂きました。

毎年、他の居住者やスタッフも楽しみにしている月下美人です。

20時頃、まだ蕾は口を閉じていましたが、育てている居住者と立ち話をしている間に「少し開いて来たんじゃない?」との声。

蕾がふんわりしてきたのを確認して、何だかわくわくドキドキします。

「花が咲くと甘い良い匂いがする。」とのことでしたが、まだこの時点では甘い香はなく草木の匂いがしていました。

30~40分ぐらい経ち、8輪の内の6輪が咲き始め、何とも不思議で妖艶な花を堪能させて頂きました。

月下美人はサボテン科。花言葉は「はかない美しさ」とのことで、確かにはかなくて高貴な花に思いますが、年に1度の貴重な開花日に立ち会え、とても幸せな気分になりました。

 

 

 

 

Copyright © Community Net Inc.

TOP
ゆいま~るシリーズ
お問い合わせ