ゆいま~る厚沢部ブログ

マスクが足りない時は・・・


新型コロナウイルス流行の長期化で、スタッフや居住者の皆さんが使う

マスクが足りなくなってきていました。(最近は流通し始めていますが)

ハウスでは面会規制を設け、スタッフは出勤前に必ず検温して発熱や

胸部症状がない場合に限り出勤するよう徹底し、外部からウイルスを

侵入させないように注意してはいるものの、病院受診などで外出する

際にはどうしてもマスクが必要です。

備蓄分も心許なくなってきたため、居住者の皆さんと一緒にマスクを

手作りすることに・・・

市販のマスクは受診用で、普段は手作りマスクを利用します♪

厚手のキッチンペーパーを利用し、スタッフが型を取って皆さんに手縫いを

してもらいます。

 

「縫い物は得意なんだ~。」とたくさんの方がお手伝いしてくれました。

マスクの形に仕上がったら、顔の大きさに合わせてゴム紐の長さを調整し

縫い付けていきます。

手作りマスクが完成しました!

(随分と大きいですね。Aさんのお顔が小さいのかな?)

初めてマスクを作りましたが着け心地も良く、なかなかの出来栄えでした。

 

皆さんと協力して、ハウスにウイルスを持ち込まないよう十分注意して

乗り切っていきたいと思います。

 

 

Copyright © Community Net Inc.

TOP
ゆいま~るシリーズ
お問い合わせ